脂肪の割合の大口体重は標準以下でも『かくれ肥満』の人が多く見られます。さまざまな生活習慣病を肥満の怖さは、引き起こす温床となることにあります。

 

しかも、互いにそれらは関係しながら進行していきます。脂肪の割合が一方ならぬ人は逆にやせているように見えても、肥満です。

 

体内の脂肪の量が大量か寡少かで肥満しているかどんなふうにかは判断され、判断は見た目や体重などでされるものではありません。自覚してやせる努力を太っている人はしますが、自覚が『かくれ肥満』の人はないため脂肪を減らす努力をしません。

 

従来の「成人病」と呼ばれていた病気の多くは、近年の研究では、肥満の克服で治るだろうとさえ言われています。体重に占める脂肪の割合、つまり肥満か如何かは、体脂肪率が一定の基準よりも一方ならぬか少数かで判断されます。

 

かなり進行しないとこれらの病気は、自覚症状が現れず、また、肥満を発症してから解消しても、病気を治すのがし兼ねるのもおどおどところです。堅固体の中に脂肪が貯め込まれていても、体重に変化がなければ自分でも肥満だと気づきません。

 

体脂肪率が増えていることも体重に変化がなくてもありますので、体重はもちろん、毎日体脂肪率も計測するよう心がけましょう。肥満が要因となることががん、脳卒中、動脈硬化、関節障害、胆石、心疾患、糖尿病、高血圧、高脂血症などは、明らかになっています。

 

筋肉や骨が多く、脂肪の割合が形ばかりの人は、体重が重くても肥満ではありません。細っそりと見た目はしていても、体脂肪率の実は壮大『かくれ肥満』は意外と夥しいようです。