一般的にはBMI値では22が標準で、健康にもっとも良好体重とされてきました。長生きは太っている方ができるらしい、ということを聞いたことがありませんか?実は、肥満の人の方が普通の人よりも、死亡率が6%短い、ということがあきらかになっています。

 

一番これぐらいの体重の人が長生きできるというのはどのようにしてなんでしょうか?超肥満の人は注目したいのが、BMI値が30まで、ということで、含まれないということです。ところが、死亡リスクが25〜30の方が矮小ということが分かったために、これまでの常識が覆されることになりました。

 

一般的にはこれぐらいの体重だと、「ぽっちゃり」だと言われるでしょう。普通体型の人よりも、ちょっぴり太っている人というのは、健康への関心がきつい傾向にあるのが理由の一つではないか、といったことが言われています。

 

さまざまな健康問題を肥満度が高すぎると引き起こしますが、死亡率が過度でない肥満の人なら最低、ということなんです。BMI値をもとに、具体的にはBMI値が18.5〜25までの「普通体重」のグループと、そして25〜30未満の過体重のグループを比較したものです。

 

2013年1月にこの調査は理科の疾病対策センターが発表したレポートです。ちなみに25〜30とBMI値がなると、どれぐらいの体重か分かりますか?64〜77キロぐらいに身長が160cmの人であれば、なります。

 

似たようなものは今までの研究でもあったのですが、世界の290万人を今回の調査は対象としたもので、信頼度がデータとして高く、大きな注目を地域性や人種を超えた不偏性が発見されたということで浴びました。